未分類

エンジニアへ転職をすると年収は上がる?意外と知らない年収に関するアレコレ

企業からの採用意欲や年収の高さが上昇傾向にあるエンジニア。

その年収の高さとは一体どんなものなのか、気になっている方もいると思います。

また、収入が上がるからと言って違う業種からエンジニアへ、エンジニアから違う業種への転職を考えている方もいるかもしれません。

そこで転職を考えた時、どの職業に就けば今よりも多い年収をもらうことができるのか考えたことはありますか?

今回はそうしたエンジニアの転職や年収についてお伝えしていきますね。

 そもそもエンジニアとは?転職する前に知っておきたい基本知識

それではまず、エンジニアの基本知識から見ていきましょう。

エンジニアとは機械や電気などの技師のことを言い、もっと広く表すと工学者や技術者がこれに当たります。

以下ではそんなエンジニアの種類を少しだけご紹介していきますね。

 エンジニアの種類は豊富

エンジニアの種類には、次のようなものがあります。

  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • インフラエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • セールスエンジニア
  • Webエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • フロントエンドエンジニア、マークアップエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • マークアップエンジニア
  • データベースエンジニア
  • 制御・組み込みエンジニア

こうして見ただけでもたくさんの種類があることが分かりますね。

そしていま、大注目のエンジニアとなっているのが”ITエンジニアです。

ITエンジニアとは、インターネットなどの専門知識やスキルを持っている人のことを指します。

しかしIT業界が盛り上がりを見せる中で、このITエンジニアがどんどん不足していて、どこの企業でも引っ張りだこの状態となっているのです。

そのためエンジニアの中でも人気が高く、ITエンジニアへの転職者はどんどん増えつつありますよ。

 エンジニアへ転職すると年収が上がるってホント?

エンジニアについての基本知識をご説明したところで、続いては本題であるエンジニアに転職した場合の年収についてお伝えしていきます。

どのエンジニアへ転職するのがより年収アップにつながるのか気になっている方もぜひご覧ください。

転職をして年収がアップするエンジニアとは

転職をして年収が上がっていくエンジニアの多くには、次のような特徴があります。

1.年収よりも成果の出しやすさを重視して始める

2.実績を積み上げて昇進・昇格をする

3.さらに年収をどんどんアップさせていく

エンジニアになったとしても、はじめから年収が高いというわけではありません。

実績を積みながら徐々に年収を上げていく方が多いようです。

しかしこのような方法を使って転職後に年収が上がったというエンジニアの方は複数いらっしゃいますよ。

 外資系企業を中心としたエンジニアは年収が高い

年収が高いエンジニアに転職をするなら、外資系企業のエンジニアへ応募してみるのも1つの手です。

外資系企業のエンジニアになると、高い年収をもらうことができますよ。

ではなぜ外資系企業だと年収が高いのかというと、優れたスキルや技術を持った人材を見つけるためです。

ただし中には福利厚生がしっかりしていなかったり、退職金がもらえなかったりする外資系企業もあるので注意しなければいけません。

また、年収が高いとはいえ成果に応じた収入となっていることが多く、自分の仕事ぶりによっては年収が低くなってしまう場合もあります。

 エンジニアからの転職で年収を今よりも上げる方法とは

これまでは他の業種からエンジニアへ転職する場合の年収や、年収アップにおすすめのエンジニアなどをご紹介してきました。

そこでここからは、エンジニアが転職をする時におすすめしたい転職先をお伝えしていきますね。

 エンジニアからエンジニアへ転職をする

エンジニアが不足した状態が続いている現代では、エンジニアを積極的に採用する企業が多くあります。

そこで労働時間が長く、収入が低いことで知られていたITエンジニアなどは昔と比べて給与が上がり、年収も上昇しているのです。

ですのでそうしたエンジニアなどに転職をすると、年収アップにつなげることができますよ。

さらに今現在、自分が雇われている企業ではあまり必要とされていないスキルでも、応募先の企業をどこにするかによってはそのスキルがとても役に立つ場合があります。

企業にスキルが認められれば年収も上がりやすくなりますし、さらにスキルを磨けばもっと高い年収をもらえる可能性もありますよ。

 フリーランスになる

フリーランスとは、個人で仕事を行っている人のことを言います。

そしてこのフリーランスになると、自分だけの成果や評価にもつなげることができるのです。

エンジニアの企業に所属していて、自分が上げた成果だったとしても、それがチーム内全体での成果や評価になってしまった経験はありませんか?

そこでフリーランスになれば、自分が頑張って出した成果の分だけ周りから評価してもらうことができますよ。

また、自分で仕事を選びながら収入を作ることができるというのもフリーランスになるメリットと言えるでしょう。

ストレスのない環境で自由に仕事をしていれば、自然と収入を上げることもできるはずですよ。

 自分が経営者となる

エンジニアから経営者に転換して年収が増えた方もいるようです。

経営者になるのは転職やフリーランスよりもさらに難しいことかもしれませんが、もしもそれが実現できれば、自分にしか作れない会社を立ち上げることができますよ。

誰も思い付かないようなアイデアがあったり、自分のスキルや技術に自信がある方はぜひ経営者となり、開業することも考えてみてくださいね。

 まとめ

他の業種からエンジニアへの転職を考えている方もいれば、逆にエンジニアから違う業種へ転職をしてさらなる年収アップを狙っている方もいるのではないかと思います。

そうした時にはぜひ、今回ご紹介したような職業への転職を考えてみてくださいね。

年収が上がるかどうかは自分次第です。

転職をして、年収アップを実現してしまいましょう。