基本知識

未経験からエンジニアへの転職を成功させる方法とは?

IT企業が注目されている現在、エンジニアを目指している方はたくさんいると思います。

中には「未経験でもエンジニアに転職することはできるのかな?」

そう思われている方もいるのではないでしょうか?

しかし、未経験だと分からないことも多く、エンジニアへの転職を成功させることができるのか不安ですよね。

ここでは未経験からエンジニアへ転職するための方法などをご紹介していきたいと思います。

転職を成功するための方法を知り、未経験からエンジニアになるという夢を叶えてみませんか?

エンジニアってどういう職業?仕事内容は?

まずはエンジニアとはどういう職業で、どんな仕事内容なのかをご説明していきます。

エンジニアには、たくさんの種類がありますよ。

 エンジニアにはいくつもの種類がある

エンジニアには、以下のような種類があります。

  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • ネットワークエンジニア
  • webエンジニア

そもそもエンジニアとはどんな職業なのかというと、わたしたちが使っているパソコンやスマホで使うITの技術を動かすためのプログラムを作成する仕事です。

普段何気なく利用しているホームページやショッピングサイトも、実はITエンジニアが作っているんですよ。

そんなエンジニアの仕事について、さらに詳しくご紹介していきますね。

 システムエンジニア

システムエンジニアは、名前の通り主にシステムに関する仕事をします。

顧客の要望からシステムを設計したり、システムがきちんと要望通りになっているか確認をしたりします。

また、システムエンジニアはプログラマーに必要な設計書を作成することもあります。

プログラマー

プログラマーは設計書に基づいてシステムを作っていく仕事です。

ちなみにプログラミング言語を把握していると仕事をスムーズにこなしていくことができますよ。

 ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークのシステムを作り上げたり、不正アクセスなどから守ったりする役目がある仕事です。

そのためネットワークエンジニアはITエンジニアの中でもすごく重要な仕事となります。

不正アクセスなどが頻繁に行われている中、このような被害を防ぐために活動しているのがネットワークエンジニアということですね。

 webエンジニア

webエンジニアは顧客の要望や目的からサービスを設計していきます。

また、webサイトなどのwebアプリも開発していますよ。

ちなみにwebエンジニアとwebデザイナーは名前が似ていますが、2つの仕事はまったく違うものです。

webエンジニアはサイト上で見ることのできない部分を開発し、webデザイナーはサイト上の写真やアイコンなど目で見ることができる部分を作成します。

このように、名前は似ていてもまったく異なる職業なので注意しましょう。

 未経験からエンジニアになるために必要なスキルや資格はある?

前項ではエンジニアの仕事についてご紹介してきました。

ここからは未経験からエンジニアになるために必要なスキルや資格についてご紹介していきたいと思います。

エンジニア未経験の方はぜひチェックしてみてくださいね。

 未経験からエンジニアへ転職する時に役立つ資格

未経験からエンジニアへ転職する時には、次のような資格を取得しておくと転職を有利に進めていくことができますよ。

プログラマーを目指す場合は、基本情報技術者の資格を持っていると転職に役立てることができます。

ネットワークエンジニアを目指す場合は、ネットワーク機器メーカーのシスコシステムズ社が認定する”CCNA”の資格を取得しておけば転職がしやすくなりますよ。

プログラマーとネットワークエンジニアはどちらも未経験の状態からチャレンジできる職種なので、資格を取得して転職成功を目指しちゃいましょう。

資格を持っていれば、応募や面接時などにも積極的にアピールしていくことができますよ。

 プログラミング言語を把握しておく

未経験からエンジニアへ転職をする場合、プログラミング言語を把握しておくことも必要です。

プログラミング言語を覚えておけば、プログラマーなどエンジニアの仕事に就いた後でも役立てることができますよ。

未経験からエンジニアへ転職する方法

最後に、未経験からエンジニアへ転職する方法についてお伝えしていきますね。

以下のようなことを行っておくと、エンジニアへの道を近づけることができますよ。

 仕事と並行してスクールに通う

仕事と並行してスクールに通うと、プログラミングの知識を習得していくことができます。

しかし、仕事をしながら同時進行で行っていくのはとても大変ですよね。

そんな方にはweb上でプログラミングを勉強することができるスクールがおすすめです。

わざわざ場所を移動せずに、1対1で教えてもらうことができるので便利ですよ。

その他にも、プログラミングスクールはたくさんあります。

中には無料で体験できるところも多くあるので、自分に合ったプログラミングスクールを探してみてくださいね。

スクールでしっかりと勉強をしておけば、転職の成功率をグンと上げることができるはずです。

 ハローワークで職業訓練を受ける

未経験からエンジニアに転職するには、ハローワークで職業訓練を受けるという方法もあります。

退職後に職業訓練を受けると受講の手当をもらいながら資格取得に向けて勉強をしていくことができますよ。

受講料もかからないので、退職をして金銭的に余裕がある場合はハローワークの職業訓練も視野に入れてみてくださいね。

 未経験者OKの求人に応募する

未経験からエンジニアへの転職を目指す場合、未経験者OKの求人に応募してみるという方法もあります。

未経験者でも可能なところであれば、仕事をしながらエンジニアの仕事を覚えていくことができますよ。

独学である程度のエンジニアの知識が身に付いたら、積極的に応募をしてみましょう。

 まとめ

未経験からでもエンジニアに転職できる可能性は十分にあることが分かりましたね。

しかし、未経験だとちゃんと採用してもらうことができるのか心配な方もきっといると思います。

そんな時には上記で紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。

エンジニアへのステップを踏んで、未経験からの転職を成功させちゃいましょう。