セキュリティ系

セキュリティエンジニアの転職を成功させるために行うべきことは?

情報社会で求められているセキュリティ対策。

セキュリティがきちんとなっていないと、大切な個人情報が漏れてしまったり、被害にあってしまったりします。

そんな中で必要とされているセキュリティエンジニアへの転職を考えてはいませんか?

しかし、実際に転職をするとなるとどうすれば転職を成功することができるのか分からないものですよね。

ここではセキュリティエンジニアに転職する方法をご紹介していきたいと思います。

あなたもセキュリティエンジニアになる夢を叶えてみませんか?

セキュリティエンジニアってどんな仕事?

まずはセキュリティエンジニアの主な仕事内容から見ていきましょう。

仕事内容には、以下のようなものがありますよ。

企画や提案をする

依頼者のシステムから必要なセキュリティ対策を企画・提案します。

このような企画や提案をするエンジニアのことを、セキュリティコンサルタントと言います。

また、企業がセキュリティマネジメントを取得するための企画・提案をサポートすることもあります。

 システム設計を行う

システム設計は企画書に基づいて行っていきます。

しかし、設計はセキュリティ以外にも配慮しなければいけません。

設計を行う場所でしっかりと運用できるシステムにするために、ネットワーク・アプリケーション・サーバーまでをきちんとクリアした設計にする必要があります。

 セキュリティシステムの実相をする

設計に基づいてシステムの実相をします。

実相をする時には設計の時と同じようにセキュリティやネットワークなどをはじめたくさんの専門知識が必要となります。

また、実相をするにはプログラミングも行わなければいけません。

 セキュリティ検査でテストをする

システムがきちんとなっているか検査をするのもセキュリティエンジニアの仕事です。

検査では実際にサイバー攻撃をしてみたり、ソースコードを確認したりします。

テストで問題があれば設計からやり直すことになってしまうので、とても大事な業務なのです。

 セキュリティがきちんと働いているかチェックをする

企画書からテストまでがすべて終了したら、その後はシステムの様子をずっと見守っていかなければいけません。

OSやアプリケーションのアップデートをしたり、セキュリティ対策を向上していく必要があります。

また、システムを運用し始めた後にサイバー攻撃や障害などが起きてしまっても、セキュリティエンジニアが再びシステムを直さなければいけません。

攻撃や被害から依頼者を守るための大事な仕事ということですね。

 セキュリティエンジニアに必要な資格とは?

では、セキュリティエンジニアに必要な資格にはどのようなものがあるのでしょうか?

転職を有利にするためにも、必要な資格について抑えておきましょう。

 情報処理安全確保支援士試験

情報処理安全確保支援士試験は、セキュリティの中でも高度な知識や技能があれば取得できる国家資格です。

講習などを受け続けることによって、資格を取得することができますよ。

試験では、セキュリティに関する豊富な知識が必要となります。

 ネットワーク情報セキュリティマネージャー

ネットワーク情報セキュリティマネージャーとは、サイバー攻撃への対応力が問われる資格です。

講習では実際の機械を使ってサイバー攻撃に対応する力を身に付けていきます。

資格はレベルやカテゴリが5つあり、有効期限は2年間となっているので注意しましょう。

ちなみに資格を更新するには試験を受け直す必要があります。

 公認情報セキュリティマネージャー

公認情報セキュリティマネージャーはすぐに受験できるわけではなく、5年以上の情報セキュリティの経験が必要となります。

また、更新には毎年20時間以上、3年間では120時間以上の専門教育を受け、報告をしなければいけません。

試験内容はマークシート式で行われます。

国際的な資格なので、セキュリティエンジニアを目指す方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

 CompTIA Security+

CompTIA Security+はセキュリティの知識やスキルがあることを認めてもらう世界的な資格です。

セキュリティの問題を対処する能力やセキュリティを向上していく能力など、対応力が必要となります。

セキュリティへの知識やスキルに自信がついたら受けてみても良いかもしれませんね。

 シスコ技術者認定

シスコ技術者認定もCompTIA Security+と同じく、世界的な資格です。

シスコシステムズの資格の中でも、セキュリティの資格となります。

資格は5段階に分かれていて、見事資格に合格することができればセキュリティの専門家として認定してもらうことができますよ。

 セキュリティエンジニアの転職を成功させるためのポイント

前項ではセキュリティエンジニアに必要な資格についてご紹介してきました。

ここからは、転職を成功させるためのポイントをお伝えしていきますね。

 セキュリティエンジニアに転職するための知識とスキル

セキュリティエンジニアに転職するためには、セキュリティに関する豊富な知識やスキルが求められます。

ネットワーク・サーバー・アプリケーションの知識や、法律などの知識が必要になる場合もあります。

自分が得意とする部分から始めていくと、セキュリティの知識やスキルをどんどん増やしていくことができますよ。

 コミュニケーション能力を高める

セキュリティエンジニアになるならコミュニケーション能力を高めるのも大事なことです。

なぜならセキュリティへの知識がない依頼者にも提案をしたり、交渉をしたりしなければいけないからです。

また、現場からシステムの情報を聞き入れたり、時には設計内容を説明しなければいけない場合だってあります。

ただセキュリティを設定して守るだけでなく、仕事を通してたくさんの人と接していかなければいけないのでコミュニケーション能力が必要というわけですね。

 まとめ

仕事内容からも分かるように、セキュリティエンジニアは依頼者のセキュリティをしっかりと管理して守っていかなければいけません。

そのためエンジニアの中でも、とても重要な仕事となります。

しかし、その分とてもやりがいを感じられる仕事だと思います。

セキュリティエンジニアになって、たくさんの人をサイバー攻撃や不正侵入などから守ってあげてくださいね。