教員・卒業生出品「phono/graph」

3月21日[土]より神戸アートビレッジセンターにて開催される展覧会「phono/graph −音・文字・グラフィック−」に教員・卒業生が出品します。

phono/graph ーsound, letters, graphicsー

phono/graph ーsound, letters, graphicsー

 

南琢也 准教授はアート/デザインユニットspftpadとして、真下武久 講師はグループintextとして出品されます。

また、メディアデザイン領域 研究生を卒業された外山央さん(intext/softpad)、鈴木大義も出品されます。

phono/graph

phono/graph

最終日の4月12日[日]には、出品者によるワークショップや、パフォーマンスイベントも予定されています。

是非、ご高覧下さい。

 

特設ウェブサイト|http://www.kavc.or.jp/art/eam/phonograph/

phono/graph|http://www.phonograph.jp/index.htm

カルチャーニュースサイトCINRA
インタビュー記事|http://www.cinra.net/interview/201503-phonograph

_

Exhibition as media 2014

phono/graph −音、文字、グラフィック−

鈴木大義, 城一裕, 藤本由紀夫, 八木良太, ニコール・シュミット, intext, softpad

2015年3月21日(土) – 4月12日(日)

神戸アートビレッジセンター
12:00 – 19:00 火曜休館
料金: 300円

party phono/graph
メンバーによるパフォーマンス・イベント
日時:4月12日(日)19:00-21:00
料金:無料 ※予約不要

workshop

littleBits × KORG Synth Kit / サウンド・ワークショップ
日時:4月12日(日)15:00-17:30
会場:神戸アートビレッジセンター2F/KAVCホール
定員:15名
参加費:1,500円 ※要予約

_

神戸アートビレッジセンターでは、新進気鋭のアーティストと当館が企画立案から実施までを協働する展覧会「Exhibition as media」を2007年より開催しています。今回は、アート/デザインプロジェクト「phono/graph」を迎えます。
 phono/graphは、「音・文字・グラフィック」の関係性における研究と、それを取り巻く現在の状況とを検証しながら形にすることを目的としたプロジェクトです。2011年、大阪のdddギャラリーの展覧会から始まり、その後ドルトムント(ドイツ)、名古屋、京都、東京への巡回を経て、このたび神戸で展覧会を開催致します。
 今回は約半年間、当館のシルクスクリーン工房で、「音・文字・グラフィック」の新たな可能性を求め、様々な実験を重ねて来ました。本展では、その実験の数々をご紹介するほか、ギャラリー、シアター、スタジオを併せ持つ当館ならではの空間を生かした展示を創り上げます。
 本展を通して、視覚、聴覚、触覚を使って、音と文字、アートとデザインの境界について思考し、ご体感頂く機会になれば幸いです。

 

 

 

  • seian
  • このページのトップへ △