助手 山本友輔がセイアンアーツアテンションVOL.5に参加します

メディアデザイン領域 助手 山本友輔が、セイアンアーツアテンションVOL.5「SITES ふうこうのありか」に参加します。

現在、成安造形大学にて開催中の2013秋の芸術月間 セイアンアーツアテンションVOL.5「SITES ふうこうのありか」にて、本学メディアデザインコース卒業生、現在同領域にて助手として勤務中の山本友輔が、11月16日(土)よりクロッシングギャラリー(成安造形大学内)にて、展覧会「セパ反太郎」を開催します。

「セパ反太郎」メインヴィジュアル

「セパ反太郎」メインヴィジュアル

■山本友輔プロフィール

1987年生まれ。
2010年本学グラフィックデザインクラス卒業、2011年同研究生修了。
主な展覧会に、2011年 個展「鏡と揺り椅子ー現実と想像ー」立体ギャラリー射手座/京都、2011年「ECHO TOUR 2011」京都府庁旧本館/京都、2013年「KYOTO CURRENT 2013」京都市美術館別館/京都など。
近年は、イラストレーションを中心に作品を発表。
http://yamamotoyusuke.net

 

■「セパ反太郎」について

「セパ反太郎」は、架空のストーリーを考え、その世界を現実の場所に作り出す作品です。
ストーリーを読んでもらいながら、作品を体感してもらう展示となっています。
今回の主人公は、バイク乗りのセパ反太郎です。
主人公を取り巻く環境を通して、実存する環境の本質を考えます。

 

助手として働きながらも、近年精力的にイラストレーションとストーリーを用いた小冊子を制作してきた山本友輔が、今回は展示と合わせてその世界を発表します。

セイアンアーツアテンションVOL.5「SITES ふうこうのありか」は成安造形大学内の全12のギャラリーで開催されていますので、あわせてご高覧下さい。

 

__

山本友輔/セパ反太郎

2013年11月16日(土)〜12月1日(日) ※休館日:11月11日〜15日

12:00〜18:00 入場無料

クロッシングギャラリー(成安造形大学内)

__

SEIAN ARTS ATTENTION VOL.5 2013秋の芸術月間「SITES ふうこうのありか」

会期:2013年10月29日(火)〜12月1日(日)12:00-18:00 入場無料 *台風27号接近に伴い会期が変更となりました

休館日:11月11日〜15日 [ 11月4日(月)カフェテリア「結」のカフェ営業は休業致しますが展示はご覧いただけます ]
会場:成安造形大学【キャンパスが美術館】
主催:成安造形大学
後援:滋賀県、大津市、滋賀県教育委員会、大津市教育委員会、 文化・経済フォーラム滋賀
第43回滋賀県芸術文化祭参加事業

 

セイアンアーツアテンションは、成安造形大学が運営する「キャンパスが美術館」のメイン企画として、全12のギャラリーを使って、年2回開催する総合芸術祭です。VOL.0を含めて今回で6回目を数え、「場所・場所性」に焦点をあてた企画としては3回目の取り組みになります。

本企画「SITES ふうこうのありか」では、あらゆる状況の中で関わっている場所を多義的に解釈しながら、場所の持つ情報を独自のアプローチで汲み取って制作している作家や活動を取り上げます。大学の位置する滋賀県という場所性(地域、風土、住処など)も要素に含めながら、それらとの関係を構築して創作を行う作家たちの様々な世界観をお楽しみください。

[セイアンアーツアテンションは、毎年の春と秋に成安造形大学【キャンパスが美術館】が芸術月間として、企画運営する総合芸術祭です。※ Attention=注意、注目する ]

 

 

 

 

 

 

  • seian
  • このページのトップへ △