パペットアニメーションを学ぶ

今回はパペットアニメーションを学ぶ授業の紹介です。

パペットアニメーションとは人形アニメーションのことで

人形を少しづつ動かし撮影するアニメーションのことです。

 

IMG_9063

授業はグループにわかれ、役割を決めて制作していきます

 

 

IMG_4097

ストーリーやキャラクターを考えて絵コンテを描いていきます。

絵コンテが適当だと撮影のイメージがグループで共有できません。

その為、細かな部分まで絵コンに表現していきます。

 

 

IMG_6748

さぁ撮影といってもどんな風に撮影しているか、イメージ出来ないだろうということで

今日の授業は講師である、翠緯先生が実際に撮影で使ったセットや人形をもってきてくださいました。

 

 

IMG_9914

実際に人形を動かし撮影してみます。

どのように撮影しているか体験し、今後の制作に生かします。

 

 

IMG_2618

思っていた以上に人形は繊細で、少しづつ動かすのに最初はとまどいぎみの学生ですが

なれてくると、動かしたい動きを研究しながら撮影していました。

 

 

IMG_8096

撮影は人形を動かす役と、撮影する役にわかれます。撮影する役はモニターを見ながら

人形を動かす役に指示して撮影を進めます。

 

 

IMG_1323

人形は他にもたくさん持って来てもらいました。

グループ内で、セットや人形を作る役割の学生にとっては、

すごい勉強になる仕組みがいっぱいの人形です。

 

 

IMG_0431

一つの人形でもこんなに顔の種類があります。

表情によって作り分けられています。

 

 

IMG_2836

今日の経験をこれからの制作に生かし、少しでも良い作品つくれることを期待します。

自分達の想い描いたイメージを作り出せるよう、チームワークで制作開始です。

 

  • seian
  • このページのトップへ △