パペットアニメーションの世界

映像作家であり本学非常勤講師の翠緯先生が

5月16日(水曜日)にパペットアニメーションのセットを実際に作って授業を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パペットアニメーションとは、人形アニメーションで

人形をコマ撮りしてアニメーション作るものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目で見ると小さな人形も、カメラを通してみれば生きてるように動きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に翠緯先生と一緒に撮影開始。まずは照明やカメラアングルを決めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人形を少し動かしては撮影、なんども再生して動きを確認。

10分かけて撮影しても、数秒のアニメーションにしかなりませんが、

人形が動く映像を見ると、どんどん撮りたくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この経験を生かし、自分たちのパペットアニメーション作品を制作です。

翠緯先生有難うございました。

 

  • seian
  • このページのトップへ △