卒業制作展 搬入!

ついに今年も卒業制作展・進級制作展が始まります!

成安造形大学は京都市美術館で行われる美術系大学の卒業制作展のトップバッターになります。今日の作業は美術館への搬入と設営作業。メディアデザイン領域の作業風景をいくつか写真で紹介します。

↑トラス(金属製の骨組み)を組んでプロジェクターや照明機材などを頭上に設置できるようにします。この部屋は真っ暗に照明を落として、映像やスポットライトを生かした演出になります。

パネル壁制作。会場内に設置される造作壁を業者さんに作ってもらっているところです。このベニヤの壁にはいくつか穴があけてあり、モニターなどが埋め込まれます。どんな作品なんでしょうか。

モニターやらケーブルがいっぱい。トラブル発生で大変そうでした。本番までに間に合うか!?

先ほどのトラスが組み終わって設営が進んでますね。手前はメディア造形クラスのインスタレーション、奥はグラフィックデザインの展示。プロジェクターやマネキンが見えますね。何するんでしょうか。

こちらは写真クラス。壁にセットする前に床に作品を並べてます。並べる順番や間隔を検討中でしょうか。

グラフィックデザインクラス。天井から吊ったり、壁にパネルを貼ったり、机にモックを並べたり、ディスプレイ方法が複雑なので、グラフィックデザインクラスの設営はいつもすごく時間がかかります。ちゃんと本番前に終わりますかね〜。終わらないとまずいけど。

映像・放送クラス、CG・アニメーションクラスの上映会場です。こちらはドラマ作品やアニメーション作品をプロジェクターで投影します。その他、個別に映像作品が閲覧できるようにモニターが置いてあります。

成安造形大学 卒業制作展&進級制作展 2012

心は常に、大舞台。

2012年新春、成安造形大学は「卒業制作展&進級制作展2012」を京都・大津の各会場で開催いたします。卒業と進級、それぞれが迎える新たな季節を控え、4年生と3年生 総勢440名が、各々の専攻ジャンルで学び磨いた作品を発表いたします。
卒業制作展は「これから社会へ飛び立つ、晴れの大舞台」です。進級制作展は「これから学生としてまとめに入る、大きな発表の大舞台」。
この大舞台に立つ喜びにあふれる作品を、ぜひご高覧いただきますよう、学生、教職員一同、心よりお待ち申し上げております。

2012年1月18日(水)ー1月22日(日)
9:00ー17:00|最終日は16:00まで

京都市左京区岡崎円勝寺町
市バス「京都会館美術館前」下車すぐ
地下鉄東西線「東山駅」下車徒歩10分

その他、地図やファッションショーなど、詳しくは下記ページに記載されております。

http://www.seian.ac.jp/news/2012-2/

  • seian
  • このページのトップへ △