石巻だより15(6/21)

おはよー

早いもので石巻にきて、一ヶ月が過ぎた。
見慣れることはないと思っていた瓦礫の山も日常に変わり、大きな感慨もどこへやら。最近では気付きの基点が変わったのか、瓦礫が消え、電気が付き、次第に新しいものになる石巻に驚くばかり。(自衛隊風呂も撤収されてってる。ミエルダ!)

この街はどんな街になるんやろ

止まった時間は少しづつ動いています。さまざまな形で。

石巻に来るボランティアはリピーターが多く、一度訪れると被災地のことが気になるよう。

石巻で活動を共にした友人の「たつろー」がもとの生活に戻りメールをくれました。
以前のメールですがよかったのを思い出したので勝手に紹介します

——-
今日は台風〓みたいですが、作業おつかれさま。
ヘドロは今日も石巻を苦しめていますか?
でも、ヘドロを掻き出していくとそこには元の地面があり、庭があり、災害に会う前のきれいな石巻があります。その事を今回実感しました。ぼくもこれから心のヘドロを洗い流していこうと思います。そこには石があるのか。ダイヤモンドがあるのか。以外となにもないかもね。かっこわらい。とにかく、同じ作業を共にした仲間として君のこれからの活動を応援します。

——–

そんなわけで今にも雨が降り出しそうなこちら石巻。今日は継続してやってる現場でかつてないモンスターハウス。分厚いヘドロを掘りだせば、一体何が出て来るのやら。
新たな街を見つけに
今日もハツラツ行ってきます!

  • seian
  • このページのトップへ △