【公開講座2011】新時代の映画監督

『新時代の映画監督』 連続講座(全2回)

【応募締切日】 4月18日(月) 必着

道具の変化は表現方法を変えます。「映画」も例外ではありません。フィルムからビデオになり、そしてデジタルによる表現が主流になりました。そのような現在において、映像制作はどのような可能性を生み出しているか。新しい映画の形を紡ぐ二人の監督に話をうかがいます。

【第1回】 『粟津 順の特撮』

講師の粟津氏は、3DCGを中心に最新技術を用いながら、「昭和100年」というノスタルジーを感じさせる設定で物語を描くなど、独創的な作風で注目されています。粟津氏が提唱されている「新時代特撮」についてや、今後の映像作品の可能性を探ります。本講座は粟津監督作品「プランゼット」上映も合わせて開催します。

  • 講師: 粟津順 〔映画監督〕、森田 健 〔成安造形大学 講師〕
  • 日時: 5月7日(土)
    • 11:30-12:30(60分) 第一部 上映会
    • 13:40-15:10(90分) 第二部 対談

講師プロフィール

粟津順

愛知県立芸術大学大学院修士課程修了。VFXアーティストとして多くの映像作品に携わる。代表作『惑星大怪獣ネガドン』、『プランゼット』。

森田 健

京都市立芸術大学、国際情報科学芸術アカデミー卒業。国内外で映像・ゲーム作品の制作に携わる。現在、成安造形大学講師。

【第2回】 『藍河 兼一/デジタル一眼レフによる映画制作』

藍河監督は全編写真で構成した映画「アディクトの優劣感」を劇場公開しています。またムービーカメラを用いず、デジタル一眼レフで映画表現を行うという、従来ほとんど行われなかった方法も探求されてます。映画とは何か、写真とは何か。成安造形大学の卒業生でもある監督に独自の映像論を語っていただきます。

  • 講師: 藍河 兼一 〔映画監督〕
  • 進行: 櫻井 宏哉 〔成安造形大学 准教授〕
  • 日時: 5月14日(土)
    • 13:00-15:00(120分)

講師プロフィール

藍河 兼一

金沢市の映像制作会社でムービーカメラマンとして勤務。退社後、映画「アディクトの優劣感」監督。現在、フリーの映画監督、カメラマン。

  • seian
  • このページのトップへ △