川内倫子さん、「AILA」講演会、展覧会

6月19日、20日、京都成安学園90周年記念事業として、成安女子短期大学の卒業生で写真家として国内外で活躍する川内倫子さんを招聘し、展覧会と講演会を開催しました。(展覧会は7月10日まで)

19日、川内さんの指示で学生ボランティアが『AILA』の作品をアートサイトで展示しました。『AILA』とはトルコ語で「大家族」という意味だそうです。淡い色調の写真を集めたインスタレーションは、こぼれ落ちる宝石の粒の集合体のようで、写真集とはひと味異なる彼女の世界観が広がっています。

川内さん搬入

翌日の記念講演会では、成安でどんなことを学んだか、学生時代をふりかえりながら、ご自身の一連の作品について語ってくださいました。会場からは、タイトルのつけ方、写真のセレクションについて質問がありました。

川内さん講演会

午後からは写真コースの3、4年生の作品の講評会、なかでも日常の風景を撮る学生たち、つまり川内さんと近いスタイルの作品について、ありふれたイメージにどう自分のオリジナリティをくわえていくのかという具体的な方法を話していただきました。

川内さん講評

講評三野

学生たちは緊張しながらも、先輩の経験に基づく素晴らしいアドバイスに感服したようでした。別れ際、「滋賀の実家にはよく戻ってきますので、またいつでも来ますよ」とのこと。また是非来て下さい。

  • seian
  • このページのトップへ △