第14回卒業証書・学位記授与式

昨日3月12日(金)、成安造形大学 第14回卒業証書・学位記授与式が大津プリンスホテルにて行われました。

華やかでいいですね。色鮮やかな袴姿の学生たちでホテルのロビーが埋め尽くされ、非常に華やいだ会場を形作っていました。

いつもは、カジュアルな服装しか見かけませんが、この日ばかりは皆ビシッ!とキメていて、華やいだ中にピンとした緊張感も混ざり合ったいい空気が流れているとかんじていました。今年は男性はスーツ姿ばかりでしたね。袴とかもいいもんなのですが。男の場合、袴とかはあまり着る機会がないですし。

卒業証書・学位記授与式会場に入場。ロビーでの賑やかな空気が徐々に緊張感のあるものに変化していきます。

成安造形大学は少人数編成ですので、証書授与も全員に直接行われます。みな壇上に上がり、学長から卒業証書を受け取っていました。

在校生からの送辞、卒業生からの答辞、どちらもよいスピーチでした。特に答辞は素晴らしかったと思います。聞いていて、自分が学生の頃感じていたことが思い起こされました。

卒業証書授与式が終わり、クラスごとに分かれてクラス懇談会を行いました。教員から学生への大学教育としては最後のお話。僕も最後にふさわしい話をしたいなと思っていたのですが、うまく話せなかったかもしれない。僕が言いたかったこと、ちゃんと伝わったでしょうか。心配…。

クラス懇談会が終わったあと、ホテルのホールにて卒業記念パーティが行われました。在校生が用意してくれたゲームで異常なほど盛り上がったりしてました。今年の企画は大成功だったと思います。かなりゴージャスな商品も用意されていました。35インチプラズマテレビとか。デジカメとか。当たった人おめでとうございます!

また、パーティ中に卒業制作展での優秀賞の授与式も行われました。アットホームな雰囲気の中、学長から賞状授与。

本当に良い卒業式とパーティだったと思います。卒業式の準備をされていた職員の皆様、また楽しい企画を用意してくれた在校生の皆さんありがとうございました。

式の後、僕は映像系の教員、学生たちと2次会、3次会と飲みにいきました。学生の話を聞いていて、いろいろなことを考え、また実行もしているのだと知り、頼もしいなと思いました。卒業生の皆さん、仕事に遊びに、これからの人生めいっぱい楽しんでください!

森田健(講師)

  • seian
  • このページのトップへ △