第19回京都広告賞 「自家農園うまれです」

「自家農園うまれです」 洗里加子

「自家農園うまれです」 洗里加子

第19回京都広告賞 ポスター部門 銅賞
「自家農園うまれです」
洗 里加子

「若いクリエイターの育成とクリエイティブ能力の向上」、「広告活動の啓蒙及び広告文化への寄与」を目的として開催されている京都広告業協会主催の京都広告賞は第19回を数えています。このコンテストで成安造形大学グラフィックデザインクラス3年生 洗 里加子さんがポスター部門 銅賞に選ばれました。

コンテストの概要

いくつか課題が出されます。その中から一つ選び、課題に沿ったデザインを行うというものです。洗さんの選んだ課題はポスター部門「もり(京つけもの もり)」です。

  • 応募資格
    • プロ・アマ問わず、広く対象とする。但し平成21年10月12日時点で、35歳未満の方(グループ応募の場合、全員)とする。
  • 応募点数
    • 全部門を通じトータル3点以内とする(グループ応募も含め)。4点以上応募は全て失格とする。
  • 課題
    • もり(京つけもの もり)
    • 課題・趣旨・要領・他
      • F2層(註)以上の女性が「もり」の京漬物を買いたくなる広告をつくってください。
    • 訴求対象
      • F2層以上の女性
    • 資料請求問い合わせ先

註)F2層 とはマーケティングの分類で(Female-2) 35歳〜49歳の女性のことです。

洗 里加子さんのコメント

「京つけもの もり」のお漬物に使われている野菜は、ほぼ全て自家農園で育てられたものが使われています。また、食品の安全が問われるこの時代に生産地がどこなのかということは重要であると考えました。「MADE IN」という言葉を野菜でビジュアル表現し「自家農園うまれです」というコピーで、「自家農園で作られているからもりの漬物は安心」というメッセージを伝えようとしました。

関連ページ

  • seian
  • このページのトップへ △