Macで作成したZIPファイルの文字化け対策

Macで作成したZIPファイルをWindowsで解凍すると…

Macで作成したZIPファイルをWindowsで解凍すると…

Mac使いの人からデータをもらうと文字化けする!?

デザイン仕事でよく起こるトラブルに文字化けがあります。
僕がCGで仕事を始めた頃から、文字化け問題はなかなか解決しません。文字化け問題が起こる最も多いパターンがMacからWindowsにファイルを渡すときだと思います。つい先日も文字化けで困ったので、ここの記事のネタにもちょうどいいので解決策を調べてみました。


解決策その1: ファイル名に日本語を使わない

ファイル名は半角英数字でつけよう

これは、ファイル名が文字化けするときの対策です。MacでZIP圧縮したデータをWindowsで受け取り、解凍するとファイル名が文字化けします。一番上の7-Zipで解凍した絵を見てください。何やら見たこともないような漢字が並んでます。もう…、暗号にしかみえません。しかし、ファイル名をよく見て欲しいのですが、「.JPG」など半角英文字で書かれた部分は文字化けせずに読めますね。そうです。日本語でファイル名をつけなければ文字化けしないのです。Mac使いの人はできるだけ半角英数字でファイル名をつけるようにしてもらえると、Windowsの人は助かります。

ですが、大量にファイルがある場合、ファイル名を書き換えるのはなかなか大変ですし、日本語のニュアンスが英数字だと表現できない!っていう人もいると思います。他に方法はないものでしょうか。


解決策その2: Unicodeファイル名に対応したアーカイバを使う

これは、Windows側の人が対応する場合の方法です。WindowsXPだとファイル名にはShift-JISが使われているそうです。一方、MacOSXではUTF-8-MACでZIPファイル内に格納されているそうです。で、Windowsでは、このUTF-8-MACに対応できないため、文字化けしてしまうのですね。だったら、対応しているソフトを使えばいいじゃない!ってことです。

Explzh for WindowsExplzh for Windows [WEB]

こちらのソフトウェアは、これらのUnicodeやUTF-8-MACに対応しているので、なんと文字化けせずに解凍してくれます!

Explzh for Windows

Explzh for Windows

個人使用の場合は無料、企業など商用利用の場合は有料です。ライセンスについてはこちら
文字化け対策としては、かなり貴重なソフトだと思います。


解決策その3: Linuxで解凍する

TuxMacで圧縮したZIPファイルをWindowsで解凍すると文字化けするのですが、Macで使用されている文字コードに対応しているOSで解凍すれば、大丈夫だったりします。そこで、登場するのがLinuxです。Linuxは無料で配布されているものが多く、しかも、CD-RやUSBメモリーから起動できたりします。Linuxでがっつり遊んでみたいって人は別ですが、単に文字化けを治したいというだけならば、HDDにインストールせず、CD-R起動やUSBメモリー起動で済ませてしまいましょう。 もし、HDDにインストールしたいっていう人は、Windowsとのデュアルブート環境を構築しないといけないので、この辺とかこの辺を読んだりして少し勉強してからにしてください。

さて、1CDブートができるOSってどんなのがあるでしょうか。こちらにそれがまとめてあります。
見てもらうとわかるんですが、めちゃくちゃいっぱいあります。LinuxはWindowsのように数種類とかってわけではなくて、いっぱい派生版(ディストリビューション)が存在します。おすすめというか、有名なのはUbuntuKNOPPIXPuppy LinuxDebianあたりなのかなーと思います。これらは日本語版が開発されているのですぐ使えると思います。HDDにインストールせずにCDから起動させるのであれば、あまりリスクはないので、興味があったらぜひチャレンジしてみてください。

ISOファイルをダウンロードしてきたら、それをCD-RやDVD-Rに記録します。ISOファイルとは、CDやDVDのイメージファイルのことで、そのままライティングソフトでCD-Rにダイレクトに焼き付けて使用します。主要なライティングソフト(B’s Recorderとか)ならISOを書き込むことはできるはずです。ISOを扱えるものでフリーの有名なものだと、ImgBurnなどがあります。ImgBurnは僕も愛用してます。具体的な方法はこちらとかを参考にしてください。

そうして出来たCDやDVDをディスクトレイにいれて起動させてください。もし、それでWindowsが起動してしまう場合は、起動デバイスの優先順番でCDがHDDよりも下になっていると思うので、マシンを起動させてすぐにF2(起動画面に表記されてます)などを押して、BIOS設定画面に入り、優先順位の変更をしてください。起動関連の項目は「BOOT」なんちゃらとか書いてあるのでわかるでしょう。自信がなかったらコンピュータに詳しい人に聞いてください。(BIOS設定についての解説

無事、LinuxがCDから起動したら、あらかじめUSBメモリーなどにZIPファイルを入れておき、それを差してください。そうすると、自動的に認識するはずです。あとは、そのUSBのアイコンをクリックすると「マウント」されますので、その中に保存してあったZIPファイルをクリックして開くと、アーカイバが起動するはずです。あとは、「展開」すれば無事解凍完了です。文字化けせずに解凍されていると思います。解凍されたフォルダをまたUSBメモリーに保存して、再起動してCDを抜き、Windowsを起動させてください。

ただ、これでも問題があって、Mac上でつけられた濁音や半濁音の文字はおかしくなる場合があります。その場合は、ファイル名を付け直した方がいいかもしれません。

長くなってしまったので、まとめます。

  1. ZIPファイルをUSBメモリーなどに保存
  2. LinuxのISOファイルをダウンロード
  3. ISOをCD-RもしくはDVD-Rに焼く
  4. CDトレイにいれて、再起動
  5. Linuxが起動する
  6. ZIPファイルを保存したUSBメモリーなどをマウント
  7. ZIPファイルを解凍(ダブルクリック→展開)
  8. 展開したフォルダをUSBメモリー等に保存
  9. パソコンを再起動
  10. Windowsでフォルダを開く

以上です。Linuxを触ったことない人は一度いじってみると、世界が広がると思いますよ。


解決策その4: MacDriveを使う

MacDrive
MacDrive
MacDrive8 (イーフロンティア公式)
ダウンロード版 (Vector)

ややこしいことを言ってきましたが、実はWindowsでMacのデータを見る専用のソフトウェアというのが販売されています。それがMacDriveです。まぁ、これを買っちゃえば解決です。イーフロンティアから日本語版が販売されています。すぐ必要ってときは、バージョンが少し古くなりますが、Vectorからダウンロード購入もできます。店頭価格は、8000円〜10000円ってところでしょうか。高いと見るか安いとみるかは、人それぞれでしょうね。 


まとめ

他にも方法があるかもしれませんが、ZIPでファイルをやり取りするときは上のようなのが主な方法になってくるのかなと思います。ファイル名の文字化け問題が起こるのは、そもそもファイル名にかな文字や漢字を使っている人がいるからなんですね。それが無くなればこういうトラブルは大分減らせるはずなんです。できるだけ半角英数字でファイル名はつけてください

ここで紹介した方法の他だと、サーバー上に共有フォルダを作ってデータのやり取りをするSugarSyncLiveMeshDropboxなどのサービスを利用するという方法もあります。それらの場合、圧縮しないで直接ファイルを共有することもできます。非常に便利なものなので、それらも試してみてください。僕はSugarSyncを利用して自宅と大学研究室、ラップトップPCのフォルダを同期させています。


関連情報

森田 健(講師)

  • seian
  • このページのトップへ △