はじめまして。『メディアデザインラボ』です。

md_topic01

こんにちは!
2010年度から開講される成安造形大学「メディアデザイン領域」の公式サイト『Media Design Lab.(メディアデザインラボ)』が公開となりました!!

2009年度まで、写真クラス、グラフィックデザインクラス、映像・放送クラス、CG・アニメーションクラスだった4つのクラスを1つの領域、『メディアデザイン領域』に統合し、変化し続けるデザインシーンに対応できるフレキシブルな体制に進化します。

現在、デザインをはじめ様々な産業において環境が激変しています。その変化の中心はITです。コンピュータ・テクノロジーが私たちの生活の核の部分に舞い降りたことで、様々なものの価値観が変わりました。デザイン産業の主戦場もIT分野に移りつつあります。いや、すでにもう移行しきったといっても過言ではないでしょう。その移行の様子はメディアの形に表れています。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌といった主要マスメディアは今後どうなっていくのでしょうか。また、どう変わったでしょうか。何に変わったでしょうか。

テレビや新聞といった情報メディアに限らず、様々な「メディア」と我々デザイナーは切り離すことができない関係にあります。メディアをなんらかの形にするのが我々の仕事、いや、商品と人とを結ぶ、人と人を結ぶデザインという表現行為そのものがメディアともいえます。様々なモノに命を与え、結びつきを作り、世の中を豊かにする、それがデザインです。

これらのことが理解されれば、様々なメディアのことをより深く知ることがどれだけ重要かは自ずとわかってきます。例えば、紙のメディアで有効であった技術やアイデアは、パソコンのモニターで見るWEBサイトなどにそのまま適用することはできません。紙メディアで培った知識は応用できる部分もありますが、やはりモニターやWEBという特性を学び、新たなアイデアを生み出していかなければならないのです。

メディアデザイン領域では、メディアに命を与えるために何を知らねばならないのか、何を考えねばならないのかということについて、様々なアプローチで確かめていきます。そして、その結果を当WEBサイト『Media Design Lab.』で公開します。また、もう一つの大切な役割として、我々の教育内容も知っていただきたいなと思います。学生作品や授業やイベントをレポートしていきますので、ぜひご覧ください。

森田健
成安造形大学講師(アニメーション・CG分野担当)
Media Design Lab.ディレクター

  • seian
  • このページのトップへ △